女に強さを自慢する男と弱さを主張する女

そもそも恋愛や結婚は勘違いから始まるものです。

例えば
男と女に対して「強さ」を自慢する士
女は男に「弱さ」を訴える。

本当はそんなに強くないおことなのに?
本当はそんな弱い女ではないのに
である。

では、自分を偽ってまで
男は強がっていなければいけないでしょうか?
女は可愛げのあるあ女を演じた方がいいのでしょうか?

確かに男性は自分よりい尾女性を好む傾向もあるともいえます。
でも男性にとって可愛げのある女性とは意外と自分より強い女性のことだと思います。

あまりにも自分のことを偽ってしまうと本来の自分を見失ってしまいがちです。
過剰に
男は強さを装い
女は弱さを装う
それって結局いずれ化けの皮が剥がれます。
自分を偽ってまで好かれる櫃王はありません。
なぜなら
強い女を世策するのが本当のいい男で
弱い男を強くするのが本当のいい女だからです。

強い女になることはくだらないろくでもない男を遠ざける虫よけ効果もあります。
そんなくだらない男にまであくぁいげのある安っぽい弱さを見せる必要なんてありません。
女の弱さとは本当に大切な人にだけ見せるものですからね。

だから男はいい女が好きです。
だけど女は自分をいい女だと思わせてくれる男が好きです。
このあたりも微妙なところです。
かっこよく言うと
男は自分の目で見てこいとするし、女は見られて恋をするともいえます。

分かりやすく詐欺の例で例えてみましょう。
出会い系の詐欺で」ひっかかるのはたいていは男です。
「ひょっとしたらいい女とやれるかも?」
そんなことは絶対にありえないのに簡単に引っかかります。

それに比べて女性は眉宇養鶏の詐欺に勘太に引っかかります。
「私だっていい女になれるかも?」」
今さら頑張ってもそれほどのいい女になんかなれないことは自分も知っているのに簡単に騙されるんです。

ここで、役に立つアドバイスを男性陣に模しておきましょう。
新しい彼女をゲットしようとエステや美容やファッションに大きなお金をかけても無駄に終わります。
なぜなら、いい男に見られようとする努力はコストぱふぉー^マンスが悪いのです。
それよりも
女性を「自分はいい女だ」というかに思わせることが出来るか?のほうがよほど効果的で安上がりで即効性があるんですよ。
しょせん男がエステや美容やファッションにお金をかけてもそれはしょせん最初の第一印象をあげるだけです。
それで女性がコロコロと落せるのはジャニーズ系のイケメンだけです。
そんなこことよりも「ほめる」「ほめる」「ほめる」
それが一番の功徳文句なのです。
そしてある日「ほめる」のをやめたら・・・
あれ、あの人最近私のことほめてくれない?
その女性はあなたのことが気になって気になって仕方なくなりますから

離婚 準備 ブログ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です